個性的な作品を創り出すBUILDINGのグラフィックアーティスト達の、想像力の源泉となっているライフスタイルや活動に迫るポートレートムービーシリーズです。
第2弾は伊藤 ナツキさん。
ガーリーなファッションイラストを描く彼女は、京友禅作家の父のもとで美大を卒業するまで京都で育ったという、かなり”和風文化に囲まれた”ルーツを持っています。
子供の頃はその反動で”和”や”着物”のことを「ダサくて嫌いだった」そうですが、上京してから10年以上経過し、様々な国に滞在する中で次第に「日本って良いな」という気持ちが湧いて来るようになったそうです。
このムービーを通じて伊藤さんのクリエイティビティの源泉の一端をお楽しみいただけますと幸いです。

企画・プロデュース:BUILDING
映像撮影・ドローン空撮・演出・編集 : Kenji Mori (BUILDING, COO--COH)
協力:京都西陣 服部織物

絵を描いているシーン以外は、京都府の亀岡市と京都市の計6ヵ所を一日で撮影。事前にロケハンができなかったので、現場で構図を決めるのに少し手間取りましたが、亀岡の自然や服部織物さんの帯の美しさ、鴨川べりの夕焼けなど、シーンの美しさが映像に彩りを添えてくれました。
企画・撮影・ドローン・編集を全て一人で行いました。
Back to Top